選んたら始まる資産運用ものがたり


2016年7月28日

インデックス投資で資産運用。

Category: 資産運用 – Author: admin – 12:00 AM

リーマンショックがあってから、アメリカを中心に注目を集めている”インデックス投資”。
日本でもその人気が広がりを見せつつあると言われています。

インデックス投資とは、「市場平均に連動する運用を目指す」という投資方法です。
たとえば日本の株式市場ならば
・日経平均株価
・東証株価指数
などと同等のパフォーマンスを目指していきます。
日経平均株価が5%上がったら、資産も5%増える、というような投資です。

なぜインデックス投資が高い評価を獲得しているのかというと、以下のようなことが挙げられます。

・低コストで始められる
長期の資産運用となると、コストをどれだけ多くかけるかで投資パフォーマンスが変わってきます。
インデックスに連動している金融商品なら、プロが運用する際にかけているコストの最大10分の一程度のコストがあれば始められるようです。

・手間がかからないので手軽
日本以外の国の銘柄にも分散投資をするので、値動きが安定しています。
これは毎日相場をチェックすることを必要としませんので、手間がかかりません。
多くの方が日中仕事や家事に忙しい投資家だと思いますので、とても便利。
時間帯効果を見てもやる価値が大いにあると言えるでしょう。

・プロに負けない投資ができるので、フェアプレイ
実は、インデックス投資はプロの投資家でも3割しか勝てないと言われています。
つまり、プロが買って素人が負ける、という投資ではありません。

実際にインデックス投資を始めてみたいと思った方、少しお待ちください。
ぜひ、以下のことを把握したうえで開始しましょう。

・家計の状態を把握する
収入と支出のバランスは取れていますか?
投資を始められるのは、あくまでも資産に余裕があるときだけだと思います。

・預貯金を確認する
万が一損失が大きくなっても預貯金を切り崩す必要がないかを調べてください。

・生活防衛金を確保する
自分を含める家族に万が一のことがあったときに必要になるお金は絶対に投資に使用しないようにしましょう。

2016年7月17日

資産運用のためのプランニング。

Category: 資産運用 – Author: admin – 12:00 AM

日本人は、他国と比べるとかなり堅実な人が多いと言われています。
それは投資人口から見てもわかるように、リスクを背負ってまで利益を狙いに行くことは避ける傾向にあるのだそう。

ですが、今の日本の経済状況を見ても、これまで安心・確実と言われていた預貯金では資産運用を目指すことはできなくなりました。
給与の劇的なアップも見込めない中で、現在余裕がある資産を用いた投資というのがますます注目されていくのではないかと言われています。

では、みなさんのライフプラン、具体的には将来のプランについて分析してみましょう。
まずは具体的な将来のプランやビジョンを思い描いていくことからのスタートです。

・余裕のある生活を送りたい
・幸せな結婚がしたい
・子どもに財産を残したい
・子どもに良い教育を与えたい
・マイホームがほしい
・豊かな老後を送りたい
などがありますが、これらのどれもを満たすことができる給与となると、だいたい年収1000万円は必要になります。
ところが、日本人全体の平均年収はなんと414万円。
半分にも届いていないことが分かります。
これでは将来設計が崩れてしまうでしょう。

そこで、10万円からでもできる投資を始めてみましょう。
資本金が少ないのでリターン(利益)も少ないと思うかもしれませんが、金融商品によってはこの10万円で何倍分もの取引ができるというものも。
たとえばCFD取引などはそれにあたり、これなら資金効率が良い投資となるので自己負担も少なくて済みます。

将来、年金が受け取れる年齢が引きあがる・金額が減るのは間違いないと言われているのは多くの方がご存知でしょう。
金融ビッグバン以降は投資環境が整備され始めており、お金を動かすことで運用をし、さらに資産を守りながら増やしていくということが主流になっています。

もちろんほとんどの方が投資経験がないと思いますので、資産運用を本格的に検討するのであればインターネットサイトで調べる、保険事務所などに問い合わせるなどしてみてください。

2016年7月7日

トラップリピートイフダンの魅力。

Category: 資産運用 – Author: admin – 12:00 AM

初心者でも簡単にCFDで安定資産運用ができると評判の、”トラップリピートイフダン(トラリピ)”をご存知ですか?
株式投資や証券では使うことができませんが、FXをはじめとするCFD取引(差金決済取引)では非常に有効な発注管理機能となります。
上手に活用すれば相場の流れをある程度把握しておくだけで利益を狙っていくことができます。

では、トラリピの簡単なご説明をいたしましょう。
トラリピとは、3つの手法を合体させたものです。

・イフダン
たとえば買いから入る場合、「もし○○円で買えたら××円で売ってほしい」という注文をセットで行う方法です。
新規注文と決済注文がセットになっているので、レートを一日中見張る必要がないため、忙しい方でも投資ができます。

・リピート
同じ注文を自動的に何度も繰り返す方法です。

・トラップ
罠を張る、ということです。
罠は等間隔に複数本を仕掛けることができます。

つまり、
「もし○○円で買えたら××円で売ってほしい」という注文を仕掛け、何度も自動的に繰り返す、というのがトラリピです。

実際に具体例を挙げましょう。
左の数値が新規注文、右の数値が決済注文とします。

・トラップ1 104.50円 105.00円
・トラップ2 104.00円 104.50円
・トラップ3 103.50円 104.00円

これらのトラップをいくつも仕掛ければ、相場がどこにいても新規と決済が自動で行われます。
これにより、利益を確実に手にすることができるということがお分かりいただけるでしょう。

投資家が設定するのは、
・トラップの数
・新規注文と決済注文の値段
だけですので、詳しい専門知識がそれほどなくてもトラリピを始められるということもメリットに。
さらに投資家心理である
「もう売るべきか」「まだ売らないでいるべきか」という主観的な投資に陥ることもありません。

単発の利益そのものは小さなものかもしれませんが、常に動いている相場に対してトラリピが発動するので、徐々にその利益は膨らんでいくことでしょう。